30代スキンケア迷子は今すぐ実践!10年先の美肌づくりAtoZ

この記事の監修専門家 寒川あゆみ

30代になり、次のような肌の変化に心当たりはありませんか?

  • 頬の毛穴が目立つようになった
  • 目元や頬のメイクのりが悪くなった
  • メイク直しを忘れると、夕方になって「疲れてる?」と言われてしまう
  • そばかすなのかシミなのか、うっすら色ムラが出てきた

気になるけれど深刻な肌トラブルではないから、どんなスキンケアをすればいいか迷いがちですよね。でも30代のお手入れが、5年後・10年後の肌年齢を左右するエイジングケアに最適な時期。30代の肌状態を踏まえたプレ・エイジングケアで未来の自分が喜ぶ美肌づくりを始めましょう!

30代の肌はどう変化する?

うるおい減少、ターンオーバーの乱れ、コラーゲンの減少などにより、大きく分けて3つの肌トラブルが起きやすくなります。

1.乾燥

肌の水分を保っているNMF(天然保湿因子)・セラミドなどの細胞間脂質・皮脂が減少し、乾燥しやすくなります。このうち30代の肌に影響が大きい皮脂に注目。NMFや細胞間脂質は年齢とともに徐々に減少しますが、皮脂量は20代をピークに急激に減少するためです。

皮脂は汗と混ざり合って皮脂膜となり、水分をとじこめながら外部刺激から肌を保護。いわば天然の保湿クリームです。さらに年齢を重ねると皮脂の量が減るだけでなくその質も低下。皮脂膜がムラになるため、目元や頬が乾燥してメイクのりが悪くなったり、ツヤが低下して肌がくすむなどエイジングサインが目立つようになります。。

2.シミ・くすみ

ターンオーバーとは肌の細胞が生まれ変わるサイクルのこと。20代では約28日周期ですが、年齢とともに遅くなっていきます。これにより、

  • メラニンの排出がスムーズにいかなくなり、シミ予備群が現れはじめる
  • 古い角質が積み重なってくすみ、化粧水の浸透も悪くなる

などの影響を及ぼすことがあります。

3.たるみ毛穴

外側の肌(表皮)を支えている、真皮のコンディションが低下しはじめます。真皮を構成するコラーゲンが減少・変性して、表皮を支えられなくなり、ハリが低下。重力に負けて毛穴がタテに伸び、頬の毛穴が目立つようになります。またコラーゲンの減少・変性は、表情じわなどのくっきりしたしわの原因にもなります。

30代の肌悩み別スキンケア

ちょっとした肌変化を放置していると、やがて小ジワ・シミ・たるみなどの本格的なエイジングサインに。さっそく対策を始めましょう。

乾燥対策

水分を蓄える力が低下しているので、年齢に合った保湿力のある化粧水を選びましょう。プチプラの化粧水には保湿成分の割合が少ないものがあるので、必要以上にたっぷりつけてもうるおいは保てません。30代からは量より質を重視してみてください。

※化粧水の選び方は『30代からの化粧水の選び方をプロが指南!「安いものをたっぷり」が逆効果な理由とは』の記事で詳しく紹介しています。

また「油分はベタつく」という20代のころの記憶から、「化粧水はたっぷり・油分はちょっぴり」というケアを続けている方は多いかもしれませんね。でも30代からは皮脂が減少するので、化粧水メインのケアでは十分にうるおいを保てません。油分を含む保湿剤も、推奨量を守ってきちんとなじませてくださいね。

乾燥対策は30代のプレ・エイジングケアの基本といえます。

小じわ対策

コラーゲンの減少・変性が原因でできる表情じわには、ニールワンや純粋レチノール、ナイアシンアミドなどのしわ改善有効成分が配合された、医薬部外品の薬用化粧品がおすすめ。ただし、くっきり深いしわを改善するのは難しく、40代になると美容医療に頼る人も増えてきます。

30代のごく浅い小じわなら、スキンケア化粧品でしっとりと肌を柔らかくするだけで、だいぶ緩和されます。それには特に美容オイルがおすすめ。20代ではベタベタして苦手意識があった方もいるかと思いますが、最近はベタつかないオイルもたくさん登場しています。

※詳しくは『「ベタつく?」「崩れる?」美容オイル初心者さんの5大質問にお答えします!』をご覧ください。

またオイルは肌を柔らかくするだけでなく、自然なツヤをだして光をきれいに拡散。ライトを当てたように、小じわを目立たなくしてくれます。朝のメイク前にオイルでツヤを仕込み、素肌感をいかすヌーディなベースメイクは、美容家の間でも話題になっているんですよ。

シミ・くすみ対策

シミのもとになるメラニン色素は、本来であればターンオーバーによってアカとともに排出されるもの。マッサージでターンオーバーを促して、メラニンの排出をサポートしましょう。古い角質もたまりにくくなり、肌の明るさが戻ってきます。

手軽に続けやすいのは、ふだんの化粧品をマッサージするようになじませること。美容オイルは乳液やクリームよりも油分の割合が多いので、すべりがよく摩擦を起こしにくいメリットがあります。

マッサージは顔の中心から外側にむかって、らせんを描くように行いましょう。太ももに両ひじをつき、手のひら全体に顔を預けてプレスするのもおすすめです。

シミの予防にはもちろん美白化粧品も効果的。トラネキサム酸、コウジ酸、4MSK、ビタミンC誘導体などの美白有効成分は、メラニンの過剰生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果が認められています。ただし、すでにできているシミを薄くすることはできません。

美白化粧品だけに頼らず、毎日のUVケアも忘れずに行い、適宜マッサージを取り入れてみてくださいね。

たるみ毛穴対策

たるみの2大原因は、加齢と紫外線によるコラーゲンの減少・変性です。表情じわと原因が同じなので、しわ改善有効成分配合の、医薬部外品のクリームがおすすめ。さらに強化したいのはUVケアと乾燥対策です。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、たるみに大きく影響するのはUV-A。生活紫外線とも呼ばれ、日常生活の中で気づかぬうちに浴び続け、コラーゲンにダメージを与えます。UV-Aは厚い雲や窓ガラスも通すので油断大敵。UVケアは1年365日、欠かさずに行いましょう。

また肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなります。水分も油分も適量を補ってうるおいを保ち、バリア機能を高めることも、UVケアの一環です。

30代は乾燥肌の人が多いですが、誰もがそう感じているわけではないですよね。次は30代に多い肌タイプとスキンケアについて紹介します。

肌質のタイプと肌質別スキンケアのコツ

乾燥肌に次いで多い肌タイプは、隠れオイリー肌・混合肌・敏感肌です。「乾燥肌だと思っていたけど実は混合肌」という人もいるはず。自分の肌をよく見て・触れて肌質をチェックしてみましょう。トラブルの芽の早期発見にもつながります。

隠れオイリー肌のスキンケア

実は皮脂が多いわけではなく、肌が乾燥しているために、ベタつきを感じやすくなっているケースがあります。また乾燥してバリア機能が低下した肌は、刺激から守るために皮脂を過剰に分泌することも。

これに気づかず、

  • 皮脂をしっかり落とそうとして洗顔に時間をかけすぎている
  • 化粧水やオールインワンなどでスキンケアを済ませ、油分の補給が足りない

などの影響が考えられます。

クレンジングと洗顔はすすぎも含めて1分~1分半を目安に。洗顔後の保湿ケアは油分を毛嫌いせず、適量を補ってみてください。

混合肌のスキンケア

若い頃の皮脂はサラサラしていますが、年齢とともに粘り気がでて皮脂膜にムラが出やすくなります。30代はこれが影響して、部分的に乾燥したりべたついたりすることがあります。特にエイジングが進みやすい目元が乾燥し、小じわができやすいので、「私は乾燥肌」と思っていた人は多いかもしれませんね。

混合肌タイプのスキンケアには、美容液オイルを取り入れるのも手。美容液オイルは美容液と美容オイルを一つに組み合わせたもので、2層式オイルとも呼ばれています。皮脂に組成が近いオイルを使用したものは、サラリとして肌になじみやすいのが特長。美容液を肌にとじこめて、水分・油分のバランスがいい肌に整えてくれます。

敏感肌のスキンケア

NMFやセラミドなどの細胞間脂質、皮脂が不足してバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなっている状態です。あれこれ塗ると、刺激となる成分にヒットする確率が上がるので、シンプルケアを心がけましょう。

セラミドやアミノ酸配合の化粧水でうるおいを与え、美容オイルで皮脂を補うとバリア機能がアップ。油分の割合が多い美容オイルは、保湿力と保護力が高いので、シンプルなケアが叶います。

化粧水もオイルも、界面活性剤や防腐剤、香料などの添加物が少ないものがおすすめ。これらは本来、肌にとっては必要のないものなので、人によっては刺激を感じることがあります。

30代はまさにこれから、成熟した満開の美しさを咲かせるとき。肌の変化や肌タイプに合わせたプレ・エイジングケアで、よりいっそう輝いてくださいね。

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

寒川あゆみ

専門学校を卒業後、エステティックサロンへ就職。フェイシャルエステ、痩身エステ、スキンケア、ダイエット等の指導をおこなう。

25歳で退社し、もう一つの夢であったオーストラリアにワーキングホリデーで渡豪。現地サロンで働きながら出張サロンを始め、フリーでのエステティック施術活動をスタート。
2014年より大阪 西心斎橋でprivate salon Laule’aをスタート。(2016年 谷町九丁目に移転)

サロン施術業の他、スキンケアやマッサージの講師やトークゲスト、ラジオ出演、WEBメディアサイトへの美容記事を執筆中。