バリア機能を高めて肌荒れも年齢サインもブロック! オイルケアで美肌1up

この記事の監修専門家 杉本由美さん

きちんと保湿ケアをしているはずなのに、季節の変わり目やちょっとした体調の変化でくり返す肌荒れ。そんなときは肌のバリア機能が低下しているのかもしれません。バリア機能を整えるには、美容オイルでのケアがおすすめです。まずはバリア機能と肌荒れの関係について紹介しますね。

バリア機能とは健やかさとうるおいを守る防御力

私たちの肌は外側から、表皮と真皮に分けられます。バリア機能とは、表皮のもっとも上で外界と接している「角層」に備わる機能です。

角層ではNMF(天然保湿因子)を含んだ角層細胞がレンガのように積み上げられ、その間を細胞間脂質がモルタルのように埋めています。さらに皮脂と汗が混ざり合ってできた皮脂膜が、肌表面を防水シートのように覆い尽くしています。

これらによって角層細胞がすき間なく整列し、肌内部の水分蒸散を防ぐ構造に。紫外線やちり・ほこり、細菌など、異物の侵入を防ぐ「バリア」の役目も果たしています。

肌のバリア機能は、NMF・細胞間脂質・皮脂がバランスよくそろうことで働きます。

バリア機能が低下すると肌はどうなるの?

レンガやモルタルでできた壁が崩れ、防水シートがきちんとかかっていないと、すきま風が吹いたり水漏れが発生したりしますよね。肌のバリア機能も同じように、もろくなるとダメージを受けます。

  • 肌の水分が蒸散して乾燥し、カサつきや小ジワに
  • 角層がめくれあがり、ザラつき・粉ふきに
  • 異物が侵入して炎症を起こし、かゆみや赤みに

バリア機能が低下した肌は、普段使っている化粧品や花粉など、ちょっとした刺激にも過敏に反応。炎症を起こしやすくなります。

肌の内側で緩慢な微炎症がくすぶり続けると、悪い信号が肌のあちこちに送られるように。その信号がメラノサイト(メラニンの生産工場)を活性化させ、シミや色素沈着を引き起こします。

さらにはコラーゲンやエラスチンなど真皮のハリ成分にダメージを与え、たるみなどのエイジングサインを増やすことすらあるのです。

バリア機能はなぜ低下するの?

肌のバリア機能を担うと言われているのは表皮を作っているNMF・細胞間脂質・皮脂です。そのいずれかが減少すると、バリア機能が低下。

主に①加齢②間違ったスキンケア③紫外線の3つが大きく影響します。

バリア機能の低下原因①加齢

NMFと細胞間脂質を生み出す力は、生まれたときをピークにゆるやかに減少していきます。一方、皮脂の分泌量は20代がピーク。30代から減り始め、40代になると急激に減少します。

皮脂がやっかいなのは、その質までも変化してしまうこと。年齢を重ねるごとに飽和脂肪酸の比率が増え、ドロッとした皮脂になります。皮脂膜が肌に均一に広がらず、ムラになってしまい、バリア機能の低下に拍車をかけることに。防水シートが穴だらけの状態といえるでしょう。

さらに加齢だけではなく、間違ったスキンケアや紫外線の影響も見逃せません。毎日のスキンケアを見直して、バリア機能の改善につなげましょう!

バリア機能の低下原因②間違ったスキンケア

肌に触れる機会が多いほど、摩擦刺激を与えやすく、バリア機能が低下しやすくなります。肌をゴシゴシこする洗顔は、間違いスキンケアの代表格。角層を傷つけるだけでなく、必要な皮脂まで取りすぎてしまいます。

意外な間違いスキンケアは、あれこれと化粧品を塗り重ねること。どんなに栄養がある美容液やクリームも、塗りすぎると摩擦刺激を与えかねません。シワができやすくなるので「できるだけ触らないこと」が大切です。

かといって化粧水だけたっぷりつけてケアをすませてしまうと、水分と油分のバランスが悪くなり、乾燥しやすくなります。化粧水のうるおいをしっかり閉じ込める、保湿力の高いアイテムを厳選し、シンプルにケアするのがおすすめです。

バリア機能の低下原因③紫外線

屋外レジャーで浴びる紫外線に比べて、油断しやすいのが生活紫外線です。朝のゴミ出しや洗濯物干し、通勤のときなどに少しずつ浴び続けると、ダメージが蓄積。季節を問わず、UVケアは朝のスキンケアの一環にしましょう。

実は、日本人を含むアジア人は角層のバリア機能が弱く、化学物質や外部からの刺激を受けやすいといわれています。もともとバリア機能が弱いから、間違ったスキンケアは厳禁。これらに心当たりがある人は見直して、バリア機能を守るスキンケアにシフトしましょう!

欧米人と比べた日本人の肌については、『日本人に「与えすぎ」のエイジングケアは逆効果!?「守る」ケアで若見え肌へ』をご覧ください。

バリア機能をキープするスキンケアと1upテク!

バリア機能を守るうえで大切なのは「肌を清潔にすること」「肌のうるおいを守ること」の2点です。お手入れの効果を高める1upテクもぜひ覚えてくださいね。

洗顔

洗顔はとにかくやさしく行うことが大切。きめ細かい泡をたっぷりとつくり、泡を手と肌との間のクッションにして洗いましょう。

洗顔の1upテク!
洗顔前に肌に蒸しタオルをあてておくと角層がやわらかくなり、汚れが落ちやすくなりますよ。ただし毎日行うと肌に負担をかけてしまうので、週1~2回のスペシャルケアとして取り入れてみましょう。

皮脂のケア

洗顔後は化粧水をつけて、角層に水分やセラミドを補いますよね。「たっぷりつければ肌がうるおう」というのは誤解です。皮脂の量や質が変化する30代からは、質のいい油分を補い、水分を閉じ込めてうるおいを守ることが大切です。

皮脂ケアの1upテク!
20代の皮脂のように不飽和脂肪酸の比率が多い、美容オイルをプラスするのがおすすめです。美容オイルは手のひらで温めてから、やさしくプッシング。浸透がよくなり、摩擦刺激も抑えられます。

美容オイルは鉱物由来、植物由来、動物由来…などさまざまなタイプがありますよね。どんなオイルを選ぶといいか、押さえておきましょう。

バリア機能を守る皮脂ケアオイルの選び方

バリア機能の低下が気になる肌におすすめなのは、皮脂と相性がいいオイル。植物のオイルはもともと皮脂に組成が似ていますが、数種類組み合わせると、より皮脂に近くなります。

皮脂に近いということは、上質な皮脂膜をつくれるということ。肌表面で守るだけでなく、細胞間脂質にもよくなじんで角層を整えます。使い続けるうちに、バリア機能をすこやかにしてくれますよ。うるおいもしっかり閉じ込めてくれるので、化粧水の後はブレンドオイルのみで十分。スキンケアがシンプルになります。

オリーブ果実油やコメヌカ油、ツバキ種子油などのブレンドオイルは、抗酸化成分も含むのでとくにおすすめ。紫外線による酸化ダメージも防ぐ効果が期待できるので、夜だけでなく朝も使うといいですよ。

皮脂の量も質も低下する30代からは、植物由来のブレンドオイルでバリア機能を強化!直接的な摩擦刺激を避けるためにも、シンプルケアで肌荒れスパイラルに終止符を打ちませんか?

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

杉本由美さん

肌トラブルを経験したことをきっかけに美肌研究をスタートさせ、手軽、ナチュラル、透明感ある美肌づくりの提案を得意とする美肌研究家。

またMISS GRAND JAPANの公式講師を務めた経歴や、美肌研究家の肩書でライターとしても活躍。スキンケアや美肌メイクをはじめとするコラムを多数の媒体で連載し、監修なども幅広く行っている。さらに肌トラブルに負けない美肌づくりへの強い想いからスキンケアブランドも立ち上げ、自らが行ってきた無理なく続けられる美肌LIFEを提唱。