春夏こそオイル美容でくすみ*ケア!新アプローチで澄みきった明るい肌へ[PR]

この記事の監修専門家 スキンケア大学編集部

日焼けによるくすみや皮脂・汗のベタつきが気になる季節。「油分の少ないさっぱりした化粧品でくすみケアしたい」という人が多いのではないでしょうか。実はそんなときこそ油分が重要。春夏の肌はうるおっているように見えても、内部が乾燥していることで、肌のくすみを加速させている場合があります。

乾燥した肌は紫外線ダメージを受けやすく、透明感のあるクリアな肌をキープしづらくなってしまいます。うるおいに満ちた明るい肌を保つためには、春夏こそ乾燥から守るオイル美容がおすすめです。紫外線だけではない、春夏に乾燥しやすい理由を紹介しますね。

*乾燥による

隠れ乾燥からくる夏のくすみ肌

春夏に、紫外線を避けて室内にいるときでも気になる乾燥原因といえば冷房。外で浴びた強い紫外線で肌の水分が奪われ、細胞がダメージを受けやすくなっています。

肌は紫外線を浴びると、角層(肌のいちばん外側の層)を厚くして、紫外線の侵入を防ごうとします。しかし大急ぎでつくられた角層は、水分や保湿物質が少なくうるおい不足。角層の厚みでくすみ、スキンケアが浸透しにくくなります。

これらの影響で乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下。ますます紫外線が侵入しやすくなり、日焼けによるシミやくすみへとつながっていきます。

化粧水でたっぷり水分を補えば、うるおいによる透明感が生まれくすみが晴れやかに。ただし適度な油分がなければ、水分はどんどん蒸散してしまいます。すると肌の水分不足を補おうと、かえって皮脂の分泌が盛んになることがあるんですよ。

だからこそ美容オイルの出番!あらかじめ適度な量の油分を補っておけば、紫外線による乾燥にも負けない肌が目指せます。

春夏はオイルを味方につけてクリアなうるおい肌キープ

油分が必要とはいっても、ただでさえベタつきが気になる季節。「乳液やクリームじゃダメなの?」と思いますよね。美容オイルをおすすめするのには、3つの理由があります。

肌表面にバリアをつくる

オイルは肌表面に上質な膜をつくり、ヴェールのように紫外線や細菌・ウイルスなどの外部刺激をバリア。肌内部の水分蒸散を防ぎ、うるおいを守ります。

皮脂バランスを整える

適度にオイルを補っておくことで、水分と皮脂のバランスがとれた肌が保たれ、しっとりとしているのにべたつかない肌をキープできます。

肌を柔軟にする

乾燥して硬くゴワついた肌を、ふっくら柔らかくします。後から使う日焼け止めやメイクなどがなじみやすくなるメリットも。

ただしどんなに美容オイルがいいといっても、使用感がよくなければ続けられないですよね。美容オイルの原料にはさまざまな種類があり、その使用感は千差万別。さらりとした使用感を重視したい人は「2層式」の美容液オイルに注目です。

1本で3役!みずみずしく肌を守る美容液オイル

Coyori 美容液オイル
20mL

2層式オイルとは、オイルと美容液を組み合わせたオイルのこと。2層に分かれているのは、水と油を混ぜる界面活性剤を使用していないためです。

Coyoriの『美容液オイル』は、オイルと美容液を3:7のバランスで構成。美容液がオイルを包み込んだ状態で肌に伸びるから、みずみずしくサラリとした使い心地です。オイルのブースター効果で美容液を肌の奥*に引き込んだ後、すばやくうるおいを密封。くすみ感のない明るい肌に導きます。

1本で美容液、乳液、クリームの働きを担うので、化粧水の後は『美容液オイル』だけでOK!

*角層まで

皮脂を補う100%天然・植物オイル

オイルの原料は大きく分けて鉱物油、植物由来、動物由来があります。中でもサラッとしてベタつきにくいのが植物由来オイル。Coyoriの『美容液オイル』は日本女性の皮脂に近づくよう、ツバキ種子油*、オリーブ果実油**、コメヌカ油**、ユズ種子油**を独自のバランスでブレンドしています。

オイルが肌によくなじんでバリアをつくり、紫外線による乾燥ダメージから肌を保護。高品質の原料を高精製しているので「オイル焼け」することはないですよ。

**保湿成分

和漢・植物エキスの美容液でうるおいチャージ

美容液層にはイチジク***や高麗人参***、アロエベラ***鹿角霊芝***など、21種類の和漢・植物エキスを配合。乾燥しやすい肌にうるおいを与え、透明感を引き出します。

***イチヂク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

刺激が多い春夏の肌への思いやり

やさしさにもこだわった低刺激設計。パラベン、石油系鉱物油、界面活性剤、シリコン、合成香料は無添加です。

春から夏にかけては、体にとっても肌にとっても過酷なシーズン。肌を守る『美容液オイル』で、うるおいと透明感あふれる肌を目指しましょう。


振って混ぜてから使う 新感覚の美容液オイルとは?

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

スキンケア大学編集部

スキンケア大学は、ドクターをはじめとした”美の専門家”のご協力のもと
美しく健康的なお肌づくりをサポートする、信頼・安心できる情報をお届けするメディアです。

TAG