その肌トラブル界面活性剤のせい!?刺激に負けないうるおい肌に導くスキンケアの選び方[PR]

この記事の監修専門家 スキンケア大学編集部

乾燥して肌がピリピリ…界面活性剤の影響は?

年齢とともに深まっていく肌の乾燥。そのせいか、疲れがたまったときや季節の変わり目などに「肌が荒れたり化粧品がしみたりする」ということはありませんか?なるべくなら低刺激な化粧品を使いたいですよね。

でも「自分が使っている化粧品と敏感肌向け化粧品は、いったい何が違うの?」と思う人もいるでしょう。

敏感肌向けの化粧品を探していると、よく目にするのが「界面活性剤不使用」という言葉。界面活性剤は、ふだん私たちが手にする化粧品や生活用品に幅広く使用されています。毎日肌に触れるものだからこそ、その影響に注目する人が増えているのかもしれませんね。

界面活性剤は何のために配合されているのか、肌にはどんな影響があるのか、などについて紹介します。

界面活性剤を使用するメリット・デメリット

界面活性剤の主な役割は、分離する水と油を混ぜ合わせることです。水となじむ部分(親水基)と、油になじむ部分(親油基)を合わせもつのが特徴。水と油が界面活性剤により白濁し、混ざり合うことを「乳化」といいます。

乳化によって乳液やクリームの形状を保ち、品質を安定化。化粧品として使いやすくなることから、多くの乳液やクリームに配合されています。

乳液やクリームの界面活性剤は、健康な肌の人なら神経質になる人はないでしょう。ただしコンディションが悪いときや元々の肌質によっては、肌が「異物」とみなし刺激を感じることがあります。特に敏感肌の人は、界面活性剤以外の化学合成成分にも注目してみましょう。

スキンケア化粧品の配合成分を見直してみませんか?

代表的な化学合成成分には、石油系界面活性剤やシリコン、合成香料、着色料、殺菌剤などがあげられます。品質を安定させたり、感触をよくしたり、原料臭を抑えたりするために必要なものです。

これらを含む化粧品すべてが肌に悪いわけではありませんが、化学合成成分は本来、肌にとって必要がないもの。もし肌がピリピリする、ムズムズする…などの刺激を感じたら、化粧品の配合成分を見直してみるといいかもしれません。

とはいっても、どの成分が合わないかは人それぞれ。自分で特定するのは難しいことです。これらの成分が少ない化粧品を使用することで、刺激を感じる確率を下げることができます。

シンプルなのに高保湿!2層式美容液オイルの魅力

Coyori 美容液オイル
20mL

肌への刺激は避けたいけれど「低刺激=効果もマイルド」な化粧品はものたりないもの。低刺激処方と保湿力の両方を求める人には、Coyoriの2層式美容液オイルがおすすめです。

Coyoriは日本で採れた植物の恵みが主原料の、自然派エイジングケアブランド。肌へのやさしさにこだわって、石油系界面活性剤を始め11種*のフリーを実現しました。

*パラベン、石油系鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、タール系色素、紫外線吸収剤、殺菌剤、合成酸化防止剤、旧表示指定成分、動物由来原料は不使用

2層式は界面活性剤フリーの証!

『Coyori 美容液オイル』は、美容オイル層と水性の美容液層からなる美容液オイル。美容オイルは年齢とともに減少していく皮脂を補い、美容液はみずみずしいうるおいとハリを与えます。

この2層が混ざることなく分離しているのは、乳化させるための界面活性剤が不使用だから。肌へのやさしさを追求したCoyoriののこだわりです。使用前に数回振って、混ぜ合わせてから肌になじませます。さらに美容液オイルには、次のようなうれしいメリットがあるんですよ。

4種の厳選美容オイルが皮脂をケア

植物由来の美容オイルは、皮脂のケアができるのが特長。分泌バランスが乱れるとテカリやベタつきなど悪者にされがちな皮脂ですが、本来は肌のバリア機能に欠かせない保湿成分です。皮脂が肌にうるおいの膜をつくり、キメ細かくなめらかに。しっとりしたツヤ肌をキープし、肌荒れも起こしにくくなります。

しかし年齢とともに皮脂は、減少するだけでなく質も変化していきます。するとうるおいの膜がムラになり、バリア機能が低下。肌がゴワつき、乾燥小ジワやツヤのなさが目立ち始めます。

Coyoriは日本人の皮脂に近づけるために、ツバキ種子油**、オリーブ果実油**、コメヌカ油**、ユズ種子油**を独自のバランスでブレンド。不足した皮脂を補うと同時に 「質」も整えることができます。肌によくなじむので、角層のすみずみまで浸透。バリア機能をサポートします。

**保湿成分

うるおい補給と密封が同時にできる

さらに美容オイルには肌を柔軟にして、次に使う化粧品の浸透をよくするブースター効果があります。美容液オイルなら、美容液のうるおいが浸透すると同時に、オイルがすばやく膜をつくって密封。これ1本で美容液と乳液、クリームの働きを担います。

美容液層には押し返すようなハリを与え、若々しい肌に導く21種の和漢・植物エキス***を配合。美容液がオイルを包み込んだ状態で伸び広がるので、ベタつき感のないみずみずしい使い心地も◎です。

湿度の低下から、ますます皮脂の量が減少しやすい秋冬。Coyoriの美容液オイルで上質な皮脂を補って、環境にゆらがないうるおったツヤ肌を育みませんか?


振って混ぜてから使う 新感覚の美容液オイルとは?

***イチヂク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

スキンケア大学編集部

スキンケア大学は、ドクターをはじめとした”美の専門家”のご協力のもと
美しく健康的なお肌づくりをサポートする、信頼・安心できる情報をお届けするメディアです。