乾燥小じわ*はオイル美容で封印!真冬でもうるおいあふれるツヤ肌へ[PR]

この記事の監修専門家 スキンケア大学編集部

乾燥小じわを放っておくと長くなる!?

エアコンの温風と屋外の寒風にさらされる冬。肌が乾燥してツヤがなくなるうえ、小じわも気になりませんか?小じわはメイクのよれ・崩れの原因にもなるからやっかいですよね。以前に比べて「保湿してもまたすぐ現れる…」という人はご用心。乾燥小じわが増えると、線がつながってより目立つことがあります。

「保湿成分たっぷりのクリームを使っているのになぜ?」と思っている人もいるのではないでしょうか。今からでもしっかりリカバリーするには、皮脂をケアするオイル美容がおすすめです。肌になめらかな膜をつくりながらうるおいを閉じ込めて、乾燥小じわ*とツヤ不足に立ち向かいましょう!

*うるおいにより乾燥小じわを目立たなくする

保湿してもすぐ現れるしつこい小じわは3つのうるおい不足から

乾燥小じわやツヤのなさが目立ってしまうのは、肌本来の「3つのうるおい」が減少するためです。

天然保湿因子(NMF)
肌表面にある角層細胞の水分を保つ成分。アミノ酸が主成分。
細胞間脂質
角層細胞どうしの隙間を埋めて密着させる、セラミドなどの脂質。
水分蒸散を防ぎ、外部刺激をはね返す「バリア機能」を担う。
皮脂膜
皮脂と汗が混ざり合ってできる、うるおいのベール。天然の保湿クリームとも呼ばれる。
細胞間脂質と同様にバリア機能を担うほか、肌のきめを整えなめらかにする働きも。

これらが3つバランスよくそろうことで、肌のうるおいをキープ。湿度が低下しても乾燥しにくい、しっとりしたツヤ肌が育まれます。

どんなにうるおしても皮脂がなければ逃げていく

NMFや細胞間脂質を補うために、アミノ酸やヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分にこだわっている人は多いでしょう。一方でないがしろにされがちなのが皮脂。多すぎるとベタつくことから、補うよりも取り去るケアに意識が向きがちですよね。

しかしどんなに保湿力の高い化粧水を与えても、皮脂膜がなければバリア機能は十分に働きません。肌のきめが乱れて小じわができやすくなり、ツヤも失われます。

皮脂は量だけじゃなく質も重要!

しっとりなめらかなツヤ肌に欠かせない皮脂は、年齢とともに「質」が低下することがあります。質のいい皮脂はサラッとしていますが、質が低下した皮脂はドロッとした状態に。皮脂膜がムラになり、もともと皮脂が少ない目もとは特に乾燥しやすくなります。

減少した皮脂の量を補い、質も高められるのがオイル美容。その理由は、ケミカルな油分とは異なる組成にあります。

乾燥小じわとツヤ対策にはオイル美容がぴったり

乳液やクリームには、ベースとして石油由来のミネラルオイルが使われることがあります。ミネラルオイルは肌を保護する(フタをする)効果、なめらかにする効果に優れるものの、肌の中にはほとんど浸透しません。

美容オイルはミネラルオイル不使用のものが多く、天然由来の原料から抽出したオイルがたっぷり。質のいい美容オイルは皮脂に組成が似ているため、肌によくなじみます。細胞間脂質とも相性がいいので、角層のすみずみまで浸透。肌の外側と内側*からバリア機能を働かせることができます。

これによってうるおいが長時間持続し、内側からにじみでるようなツヤのある肌に。また硬くゴワついた肌をふっくら柔らかくするので、ハリがあり乾燥小じわが目立たなくなります。

美容オイルはフレキシブルな使い方ができるのも魅力。冬ならではのおすすめの使い方を紹介しますね。

仕込みオイルと追いオイルの時間差攻撃

お風呂上りの乾燥対策にまずは仕込みオイル。化粧水をなじませた後に、1回分の半量のオイルをなじませます。寝る前にもう一度、1回分の半量のオイルをなじませて追いオイルを。朝までうるおいが持続して、メイクのりのいい肌に出会えます。

マスクをつけるときに仕込みオイル

鼻をかんだりマスクをつけたりすることが増える季節。知らぬ間に摩擦で口元がカサつくことがありますよね。そんなときはメイク前、ほうれい線などに美容オイルをひと塗り仕込んで、乾燥対策しましょう。

ファンデの上からツヤだし追いオイル

メイク後の粉っぽさが気になるときは、オイルを少量スポンジにとってポンポン。手の甲で量を調整しながらつけましょう。

優れた保湿力をもつ美容オイルですが「ベタつくのでは?」と気になる人もいますよね。そんな人には美容液オイルもおすすめ。皮脂に近い美容オイルは元々ベタつきにくいものですが、美容液オイルはさらにみずみずしい使い心地が特長です。

*角層まで

日本人の肌を見つめた厳選ブレンド美容液オイル

Coyori 美容液オイル
20mL

Coyoriの「美容液オイル」は、美容液とオイルの2層からなる美容液オイル。3~4回シェイクして混ぜ合わせてから使います。

美容液がオイルを包み込んだ状態で肌になじむので、サラリとしてベタつきしらず。美容液のような感覚で使用できます。「保湿力は落ちる?」という心配は無用。日本人の肌を見つめた処方で、乾燥をよせつけません。

日本人の上質な皮脂を再現

ツバキ種子油*、オリーブ果実油*、コメヌカ油*、ユズ種子油*を独自のバランスでブレンド。より肌になじみやすく、バリア機能をしっかり働かせます。

*保湿成分

生命力あふれる和漢植物のうるおい

イチヂク**、高麗人参**、アロエベラ**、角鹿霊芝**をはじめ、日本で古くから美容に活用されてきた21種類の和漢・植物エキスを配合。乾燥してカラカラの肌に、うるおいを注ぎ込みます。

美容液とオイルが1つになっているから、うるおい補給と密封が同時にできるのもポイント。うるおいが蒸発するスキを与えません。第三者機関で、乾燥小じわを目立たなくする効果評価試験済みです。

内側と外側からしっかりうるおう美容液オイルで、まるでぐっすり寝た後のような肌に。翌朝のメイクのりやにじみでるツヤを体感してみてくださいね。


振って混ぜてから使う 新感覚の美容液オイルとは?

**イチヂク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

スキンケア大学編集部

スキンケア大学は、ドクターをはじめとした”美の専門家”のご協力のもと
美しく健康的なお肌づくりをサポートする、信頼・安心できる情報をお届けするメディアです。

TAG