秋冬のくすみに美容オイル!透明感のカギを握るオイルコンディションとは[PR]

この記事の監修専門家 スキンケア大学編集部

秋冬の肌はくすみ要因に囲まれている!

夕方になると特に気になる、くすみや透明感のなさ。ついついファンデーションが厚塗り気味になるけど、かえって疲れて見えるような…。ファンデで隠すのがもったいないほどの、みずみずしく透明感のある肌は、若さの象徴のようで憧れますよね。

30代・40代になってくすみが目立ち始める大きな理由には、「乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」があげられます。

朝晩の冷え込みが増していく秋は、夏の紫外線のなごりや血行不良が重なって、特にくすみが現れやすくなる季節。美容オイルを取り入れて、パッと光を放つような明るい肌を目指しましょう!まずは乾燥とターンオーバーの乱れが引き起こす、くすみのメカニズムから紹介しますね。

乾燥によるきめの乱れが影を落とす

透明感のある肌は水分と油分のバランスがよく、しっとりとうるおっています。きめの一つ一つが細かくふっくらしているので、光をさまざまな方向に拡散して反射。目もとや口もとの影、色ムラを飛ばして、みずみずしいツヤを放ちます。一方で水分も油分も少ない乾燥肌は、きめが乱れてツヤがなく、くすんだ印象に。

乾燥というと水分を補うケアに注力しがちですが、油分(皮脂)も重要です。皮脂は汗と混ざり合って皮脂膜をつくり、

  • 肌の水分蒸散を防ぐ
  • 肌を柔らかくしてきめを整える
  • 乾燥や紫外線などの外部刺激から守る

などの役割を担っているんですよ。

たとえば乾燥してヒビが入った革のバッグにオイルをなじませると、しっとりしてみずみずしいツヤを取り戻しますよね。それは肌も同じこと。皮脂膜は明るいツヤ美肌に欠かせない、天然の保湿クリームです。また皮脂が減少すると、ターンオーバーの乱れにつながっていきます。

ターンオーバーの乱れでうるおい不足の角質が蓄積

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことをいいます。皮脂が減少すると、外部刺激から肌を守る「バリア機能」が低下。それを補うために肌はターンオーバーを早めて細胞をつくり、肌表面の角層を厚くします。

未熟な細胞で形成された角層は、水分や保湿成分が少なくうるおい不足。角層の厚みによってさらに肌がくすみ、ゴワつきも感じるようになります。

皮脂の量と質を整えてくすみ対策

皮脂の分泌量は20代がピークで、40代になるとガクッと減少。さらに皮脂の「質」が変化して、粘り気がでることがあります。すると皮脂膜がムラになり、さらに乾燥しやすい肌に。水分と油分のバランスが乱れてしまいます。

30歳からの保湿ケアは、皮脂の量と質を整える「オイルコンディショニング」が重要!そのためにぴったりなのが、美容オイルなんです。

カサつく肌すみずみにオイルで透明感をはぐくむ!

乾燥しやすい秋冬は、オイル美容が初めての人もトライしやすい季節。中でも植物由来の美容オイルは、サラリとしたテクスチャーのものが多く使いやすいですよ。

オイルというとクリームや乳液のように、「肌表面にフタをして乾燥を防ぐ」というイメージがあるかもしれませんね。美容オイルならではの魅力は、優れた浸透性。植物由来のオイルはヒトの皮脂に組成が近いので、肌表面から奥*まですみずみに行きわたります。

美容オイルが水分と油分のバランスをちょうどよく保ち、しっとりモチモチのうるおい肌が長時間持続。奥からにじみ出るようなツヤを放ち、みずみずしい透明感が生まれます。

さまざまな種類がある美容オイルですが、注目したいのはCoyoriの美容液オイル。「日本人の上質な皮脂」にこだわっています。

*角層まで

うるおいとツヤの絶妙バランスでオイルコンディショニング!

Coyori 美容液オイル
20mL

Coyoriの『美容液オイル』は、水性の美容液と美容オイルが1つになった2層式オイルです。日本の気候風土でたくましく根を張る、植物のめぐみを凝縮。絶妙なうるおいバランスで、くすみ知らずのツヤ美肌に導きます。

皮脂の量と質を整える独自ブレンドオイル

日本人女性の皮脂に近づけるため、ツバキ種子油*、オリーブ果実油*、コメヌカ油*、ユズ種子油*をブレンド。皮脂の量と質を整えて、生まれたてのような理想の皮脂膜を再現します。

*保湿成分

うるおい満ちる美容液

美容液にはイチジク**、高麗人参**、アロエベラ**、角鹿霊芝**など、古くから美容に活用されてきた21種類の和漢・植物エキスを配合。秋冬の乾燥で失われたうるおいをチャージして、みずみずしく満たします。

ブースター・美容液・乳液・クリームの機能を凝縮しているから、化粧水の後はこれ1本でスキンケア完了。研ぎ澄まされたシンプルケアで、パッと晴れわたるような透明感を育みませんか?


振って混ぜてから使う 新感覚の美容液オイルとは?

**イチジク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

スキンケア大学編集部

スキンケア大学は、ドクターをはじめとした”美の専門家”のご協力のもと
美しく健康的なお肌づくりをサポートする、信頼・安心できる情報をお届けするメディアです。

TAG