「敏感肌にセラミド一択」はウソ・ホント?オイルとタッグでうるおい鉄壁肌へ

この記事の監修専門家 杉本由美さん

どんな化粧品を使っても、季節や環境が変わっても、これといった肌トラブルがなかった20代。でも年齢を重ねるとともに化粧品がしみたり、日によって肌がムズムズしたり、敏感になったことはありませんか?

花粉やPM2.5、黄砂など、敏感肌を招く要因が増えています。美容オイルでシンプルにケアして、刺激をはね返すうるおい肌を目指しましょう。まずは敏感肌の肌状態からチェック!

敏感肌の原因はセラミド不足だけじゃない!?

肌が刺激を感じやすくなるのは、肌の一番外側にある「角層」のバリア機能が低下するため。その原因としてよく知られているのが、セラミドの減少でしょう。

肌の内側を守るセラミド

健やかな肌の角層は、角層細胞がレンガ状に積み重なっています。この構造を強固にしているのが、セラミドなどの細胞間脂質。レンガを密着させるセメントのような役割で、角層細胞どうしの隙間を埋めています。

セラミドが少ない肌は角層がスカスカになり、水分は逃げやすく刺激は侵入しやすい状態に。肌が炎症を起こして、ヒリヒリ・ムズムズなどの反応が現れます。また炎症によって炎症性物質が放出されると、肌細胞にダメージを与え、シミやシワの要因になる可能性があります。

セラミドの量は生まれたときがピークで、年齢とともにゆるやかに減少。だからといって「セラミド化粧品で補えば解決!」というわけにはいかないのです。

セラミドだけでは肌の外側を守れない

なぜなら肌のバリア機能は、外側と内側の両方を守ることで働くもの。セラミドは角層の内部に浸透することで効果を発揮するので、肌の外側を守ることはできません。外側の守りを担うのは、皮脂と汗が混ざり合ってできる皮脂膜。つまりセラミドと皮脂の両方がそろわなければ、バリア機能は正常に働かないのです。

肌を強くする皮脂の質を気にしていますか?

美しい肌は「セラミドで内部を満たし」「皮脂膜で外敵から守る」という両方の機能が働くことによりかなっています。

皮脂膜はセラミドとタッグを組んで、水分蒸散と刺激の侵入を防いでいます。セラミドが角層の内部で働くのに対し、皮脂膜は肌表面をムラなく覆ってバリアを形成。いわば、お城を敵から守る第一関門です。

ところが皮脂の分泌量は20代をピークに減り始め、40代になると急激に減少。質も悪化してドロッとするため、皮脂膜がムラになります。第一関門の役割を果たせなくなり、次々に刺激が侵入。セラミドを与えるだけでは立ち向かえなくなるのです。

年々不足するセラミドを補うために、セラミド化粧品が人気ですよね。でも商品によってはセラミドの配合量が少ないものがあるので、セラミド化粧品への過信は禁物です。

だからこそ敏感肌の対策は、セラミドと皮脂膜の両方のケアが重要!上質な皮脂膜を作るのに有効なのが、美容オイルです。

皮脂コンディションを整えるのは美容オイルだけ

皮脂とは「油分」のこと。油分を補うのは乳液やクリームにもできますが、美容オイルはこれらに比べて油分の割合が多いのが特長です。そのため油分の質が皮脂膜に近く、肌によくなじんでバリア機能を高めてくれます。

動物由来のオイルは特有の臭いが気になるものもあるので、初めて使うなら植物由来オイルがおすすめ。サラリとしたテクスチャーで使いやすいですよ。

敏感肌にはシンプルケアができるブレンドオイルを

植物由来オイルにはオリーブ果実油やツバキ油、シア脂、ローズヒップオイル、アルガンオイル、サボテンオイルなどさまざまな種類があります。さらに1種の原料でつくられた単一式オイルと、いくつかのオイルを組み合わせたブレンドオイルがあります。

ブレンドオイルの魅力は、ムラなく伸び広がる上質な皮脂を追求してブレンドされている点。より肌になじみやすく、保湿力・保護力アップが期待できます。化粧水の後はブレンドオイルだけでも十分うるおいが続くので、スキンケアがシンプルに。

あれこれ塗らないシンプルケアは、刺激成分にヒットするリスクが下がるメリットもあります。必要以上に肌に触れなくてすむので、摩擦刺激も低減できますよ。

海外産が多い美容オイルですが、「日本人の皮脂の質」を追求したブレンドオイルもあります。日本人の肌にやさしくよりそうブレンドオイルで、シンプルに効果的に、負けない肌を育みましょう!


振って混ぜてから使う 新感覚の美容液オイルとは?

あわせて読みたい

■夏でも朝オイルでノリ・もちUP![PR]
■こんなに違う!オイル種類別で特徴まとめ
■二層式のパイオニアが大切にしてきたこと
■オイルコンディションにこだわるべき理由とは
■四季折々の自然の力をあなたの肌で召し上がれ

杉本由美さん

肌トラブルを経験したことをきっかけに美肌研究をスタートさせ、手軽、ナチュラル、透明感ある美肌づくりの提案を得意とする美肌研究家。

またMISS GRAND JAPANの公式講師を務めた経歴や、美肌研究家の肩書でライターとしても活躍。スキンケアや美肌メイクをはじめとするコラムを多数の媒体で連載し、監修なども幅広く行っている。さらに肌トラブルに負けない美肌づくりへの強い想いからスキンケアブランドも立ち上げ、自らが行ってきた無理なく続けられる美肌LIFEを提唱。

TAG